手順を踏まえて手続きする

男性

業者に頼むこともできる

利用していたバイクが不要となった時、必要となるのがバイク廃車手続きです。バイクは使用している際にナンバープレートなどバイクの登録を行政に行っており、毎年税金を納付しています。そのため、バイク廃車手続きを行わないと使用をしていないのに納税書が届くこととなってしまいます。バイク廃車手続きは、各市町村の役所で行います。廃車手続きには、一時的な抹消と永久的な抹消があります。自分の今後の状況を考え手続きを行う必要があります。バイク廃車手続きに必要となるものは、ナンバープレートと印鑑、住民票、軽自動車届出済証、軽自動車届出済証返納届、軽自動車届出済証返納証明書交付請求書の6点です。永久的な抹消の場合は、軽自動車届出済証返納証明書交付請求書は不要です。一時的な抹消を行う方は、再登録の際に廃車証明書が必要になりますので、大切に保管をしておきましょう。事前に必要書類を揃え、申請を行いに役所の窓口に出向くことが大切です。また、バイクの所有者でないと廃車の手続きが行えません。そのため、ローンが残っている場には所有者を確認することに気をつけなければなりません。バイク廃車手続きは、買取を依頼した場合にその業者が行ってくれるケースもあります。自分での手続きが面倒な方は、業者に頼むことも良い策だと言えます。自分で手続きを行う場合も、分からないことがあれば役所等の窓口に聞けば、ミスや不安がなくバイク廃車手続きを行うことができます。