イチゴを堪能できる

イチゴ狩りの心得とは

イチゴ狩りは冬からGWまで長期にわたって楽しめます。 おすすめの時期は1月〜2月いっぱいくらいです。 シーズン初めの方が甘くて大きなイチゴが食べられます。 まず、行きたい地域のイチゴ狩り農園を調べます。 予約がいらない場合もありますが、料金などを確認するためにも 必ず予約することをおすすめします。 時間帯は開園直後の午前中にしましょう。 時間が経つと美味しいイチゴをほかのお客さんに食べられてしまったり、 イチゴがなくなり閉園してしまうところもあるからです。 イチゴ狩り農園によってイチゴの種類・栽培方法・時間はマチマチですから、 ホームページなどで調べ、希望に合ったところを探すといいでしょう。 気をつけたいのは服装です。 イチゴ狩り農園のハウスの中は温度が高くなるので、すぐ薄着になれる服装が望ましいです。

美味しいイチゴを楽しむには

イチゴは果実の先の方から、だんだんと根元にむかって熟していきます。 なるべくヘタの方まで赤く熟しているイチゴを選びましょう。 意外にも形のわるいものや、丸くて小さなイチゴもおすすめです。 ほかのお客さんが敬遠して、そのまま熟しているものが多いので、甘くて美味しい場合が多いのです。 熟しているイチゴはハウスの奥にあるので、イチゴ狩りに行ったらハウスの奥の方から食べはじめるのが いいでしょう。 イチゴをもぐときは、まず中指と人差し指で茎を軽くはさみます。 親指で軽く押さえてそのままスナップをきかせてやさしくもぎ取ります。 強く引っ張らずに優しく扱いましょう。 イチゴはヘタ側よりも先端の方が甘くなっています。 最初にヘタ側から食べれば、最後に先端の甘い部分が楽しめます。 イチゴ本来の味を堪能したら、コンデンスミルクなどをつければさらに楽しむことができます。 マナーを守って、楽しくイチゴ狩りを行いましょう。

目的に合わせる

泊まるホテルを選ぶ場合は、目的に合わせて選ぶようにしましょう。なぜなら、ホテルには旅行用や出張用に分けられているからです。そのため、自分の目的に合ったホテルを見つけることが一番なのです。

more

質の良いサービス

観光客向けのサービスとして、利用することが出来るのが舞妓体験です。専門のスタッフがお化粧を施してくれ、さらに着物などをレンタルすることができるため、本物の舞妓さんになれたかのような楽しみが得られます。

more

オススメリンク

  • 超深層に眠る極上の天然温泉

    オンテックスの温泉でゆっくりリラックスしませんか?日頃の疲れを癒やすことができますよ。
  • 四国巡拝センター

    詳しい情報を調べておくことができるので、歩き遍路に関することが知りたいならこちらからとなっていますよ。
  • アサヒパーキング

    羽田空港の駐車場なら格安だと話題のここで決まり!どういったプランがあるのか知りたいならサイトを調べておこう。

楽しめるイベント

休みを利用して、旅行を行なう人は多くいます。街の風土や歴史的な観光名所を探訪できるほか、イチゴ狩りや舞妓体験などを楽しむことができるため、普段の生活では味わえない楽しい思いをすることができるでしょう。

more

舞妓さんメイク

京都旅行へと行った先で、現地の名物となる舞妓さんメイクと服装を施してもらえるお店があります。そういった舞妓体験は、地元で行えないものなので楽しみとなるでしょう。

more

舞妓体験専門店

京都へ行き、舞妓体験をすることが出来る専門店はいろいろとあります。その中で、プロのカメラマンがいるところもあるので、質の高さを求める人はそういったところを探しましょう。

more
このエントリーをはてなブックマークに追加